クラスを中止にして思ったこと

4月に新設予定だったコンテンポラリーダンスクラスを昨夜中止にしました。
昨日の夕方の時点では、学校があるうちはやろうか。でも、ニュースを見るたびどうだろうか。という気持ち
3月末に定員を締切7名にして、少人数にしました。でもニュースなどを見るたび大丈夫だろうか。と思う…
夜に、担当の先生からクラスは延期したほうがいいかと考えていますが、どうでしょうか。
と連絡が来て
すぐに、やめましょう。と返信
なんだか、反射的に返事をしてしまったのですが

咄嗟にやめましょう。と返事をして

返事をしたあとに思ったのは

まず、すごくホッとした自分が居たこと

たぶんきっと、先生もほっとしたと思う。

どう考えても、やらないのが正解なのに
なんで、やろうとしてたんだろう。
今までの準備が無駄になるから?
来る人は楽しみにしてるから?
自分が楽しみにしてたから? 私は先生が言ってくれるのを待っていたのか?
少しでもお金がはいるから?

今も、国が地方自治体が学校がニュースが言ってくれるのを私は待っているのかもしれません。

とにかく、クラスは中止にし
先生から、メッセージを頂き 
先生との連絡は、ずっとラインですが

メッセージを読んだら、やっぱり良い先生にお願いしたと確信して 
やらないことが大正解だったと感じました。

開催10日前の中止 
10日前にクラス無しと言われて 
きっと予定を調節してこのクラスを受ける気持ちで皆様いたと思うので

もっと早くに、同じ判断ができる人でありたかったです。

全員集まっても私を入れて、9名。学校がはじまることを考えたら9名ぐらい…時間も短いし…だけど

踊るときも、舞台をつくるのも、こんな時も、ダイエットとか勉強とかなんでも
きっと、やらないを決めることが重要なのだと思うけど

やると言い出したことをやめること。

うーん。難しいな。と思いました。

今回は、本当にお願いした先生に背中を押してもらった。

予約してくれた、みんなが
残念です。
とか、メールを読んでよりクラスを絶対受けたくなりました。
とか嬉しいメッセージをくれるので
これだけで、良いやー。と思って
終息まで、できることだけやります😃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA